ソラシドエア B737-800のプラモはピスタチオグリーンの再現が難しかった。

今回の旅客機プラモデルは、【ハセガワ 1/200シリーズ ソラシドエア Boeing 737-800】の製作を紹介したいと思います。

難しかった点は、特徴的なピスタチオグリーンの色。

エンジンナセル・ウイングレット・垂直尾翼を塗装で再現するのに手間取りました^^;

CIMG0659.JPG

※素人が説明書どおりに作った程度のクオリティーです。 
 早く完成させて並べたいという欲望の作品です。


このソラシド737-800は、JALの737-800と同時に製作したもので、無謀で意味の無い2機同時製作に何時間かかるのかという挑戦の続きです。

ちなみに、完成までは約5時間ほどでした^^v

B737シリーズは比較的簡単に組み立てられ・機体も小さいことから塗装なども簡単で初心者におすすめです。



完成後(デカールの位置あわせに一苦労)
CIMG0668.JPG

外観:パッと見は実機に似ているような気がします・・・^^;
CIMG0663.JPG

エンジンナセルやウイングレット塗装、もう少し艶があればよかったかな
CIMG0665.JPG

5時間でこのクオリティーなら満足。
CIMG0666.JPG

塗料の調合が難しい・・・もう少し明るめでした。
CIMG0667.JPG

デカールが乾けばもう遊べる状態^^v
CIMG0661.JPG


賛否両論ありそうですが、プラモの組立てに使う接着剤といえば間違いなく『瞬間接着剤

管理人はいつもこれ!

初心者が難しいと思う作業、ベスト3に入るのが【パーツの接着!!】

独特の匂いがするプラモ用の接着剤、パーツを接着しても乾く前にダラ〜と剥がれて変な向き・・・

それを解決するのが瞬間接着剤!困っている方はぜひ一度お試しください^^v


・管理人が重宝している素人製作でも結構見栄えが良くなる塗料を紹介


筆塗りするだけで、新造機のようなアルミの光沢感が再現できてかなりお勧め^^v

・翼の前縁部分、エンジンナセル前面、尾翼の前縁部分などに一塗りで素人とは思えない作品に仕上がります。




TOPに戻る
bkblMiEnlUkRgq11500962093_1500962317.jpg


期限間近のポイントを賢く使いましょう!
posted by Jet Tech at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175102943
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲TOP