ハセガワのANA Boeing777-300ER (JA733A)製作@箱が凄いことに・・・

今回は、難易度高めのハセガワ1/200シリーズのANA B777-300ERに挑戦しました。

ハセガワの777-300といえば、あの欠点を知っている方も多いと思います。

長いボディーの為に起こる現象かもしれませんが、胴体の捩れというか歪みが酷く尾翼を綺麗に貼り合せるとコックピット部分が全く合わない・・・逆もまた同じ^^;

接着にはかなり苦労する部分。

まぁこれをクリアすれば半分は完成と言ってもいいほど。早速製作してみました。


CIMG0285.JPG

※素人が説明書どおりに作った程度のクオリティーです。 
 早く完成させて並べたいという欲望の作品です。


気合を入れB777-300をアマゾンから購入したものの・・・
なんだこの箱の状態、誰か踏んだのか?

Amazonから届いた直後!(この潰れ方は痛い・・・製作は順調にいくのか)
CIMG0274.JPG

やはり最大の難関・・・
胴体のずれが他の機体より酷い777-300(ここまで2時間かかりました)汗
CIMG0277.JPG

特徴あるGE90-115B、これは最高に楽しい作業でした。
CIMG0278.JPG

タイヤはいつもどおり、黒を塗り・白を流し込んで完了。(早さを優先)
CIMG0279.JPG

このあたりからはテンションが上がります。
CIMG0281.JPG

なんとかここまで。雑な部分はデカールでカバーします。
CIMG0282.JPG

デカールへと工程を進めます。
CIMG0280.JPG

ようやく完成!
(結局8時間くらいかかりました・・・しかしこれを見ると疲れも吹き飛びます)
CIMG0286.JPG

この迫力は1/200ならではの光景
CIMG0288.JPG

素人が適当に作った模型にしては、いい感じです。

並べで雑に遊ぶのが目的なので、クオリティー重視の方は・・・プロのサイトへ。
自分が満足できればいいのが趣味の世界!まぁ80点でしょう。

別記事で、世界最大のモンスターエンジンGE90-115Bはどれくらい大きいのか?
1/200モデルを使って色々検証してみます

関連記事


・管理人が重宝している素人製作でも結構見栄えが良くなる塗料


筆塗りするだけで、新造機のようなアルミの光沢感が再現できてかなりお勧め^^v

・翼の前縁部分、エンジンナセル前面、尾翼の前縁部分などに一塗りで素人とは思えない作品に仕上がります。


TOPに戻る
bkblMiEnlUkRgq11500962093_1500962317.jpg
タグ:ANA


期限間近のポイントを賢く使いましょう!
posted by Jet Tech at 20:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | プラモデル
この記事へのコメント
窓は埋めたんですか?

Posted by at 2020年07月20日 18:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175165234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲TOP