ボーイング777-300ノーマルと777-300ERのエンジンサイズが予想外に違っていた!

CIMG0291.JPG
※登場するプラモは、素人が説明書どおりに作った程度のクオリティーです。早く完成させて並べたいという欲望の作品です。

777-300ERを鏡に映したような画像ですがよくみると違います。
一度試したかったエンジンの大きさ比べを早速やってみました。

まずは上側、B777-300ER GE90-115B(世界最大のエンジン)
対する下側は、もうすぐ20年になる777-300 P&W PW4090エンジン

正直、ここまで大きさが違うのか!という気分です。
同じトリプルなので、あまり違いはないと思っていました・・・(驚)

お馴染み737胴体との比較
CIMG0290.JPG

このエンジン内は3-3で座席を配置できるということでしょうか・・・
CIMG0289.JPG


CIMG0283.JPG
ここまでサイズが違うと、同じトリプルでも別物ですね。
CIMG0292.JPG

比較する前までは、正直トリプルセブンのエンジンはどのタイプでも、あまり大きさは変わらないと思っていました。

しかし、結果は全く違っていました。

劇的な変化と成し遂げた777-300ER!

いままで、実機で国内線・国際線機材が同時に並ぶことは見たことがなかったので、エンジンサイズが全く違うことなど疑問にすら思いませんでした。

このような発見ができるのも、プラモデルだからできること。
楽しい検証でした。

GE90-115BとP&W PW4090 アイドリング音の比較が楽しめる動画

おすすめは1:30からです。


TOPに戻る
bkblMiEnlUkRgq11500962093_1500962317.jpg


期限間近のポイントを賢く使いましょう!
posted by Jet Tech at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | プラモデル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175170766
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲TOP