ANA エアバス A321neo:ハセガワのプラモデルは初心者でもここまで再現できた!!

ANAエアバスA321neo.jpg

・ハセガワから発売された【限定品】ANA エアバスA321neo(2018年7月1日発売)のプラモデルを作りました。

今回のA321neoは、新しい金型のホイール・PW1100Gエンジン(PW1130G-JM)、アンテナ類の充実、シャークレットが装備されたリアルなモデルとなっています。

作りやすさも改善された入門者にもやさしい設計が魅力。

以前紹介したB787同様にディテールが良く完成後の満足感はトップレベル。1万円クラスの公式モデルプレーンと並べても違和感なく展示できるほど。

¥2,000前後で作って・遊べて・飾れるコスパ最高のプラモデルを紹介します。



ハセガワ 1/200シリーズ旅客機モデル:ANA エアバスA321neo


ANA_A321neo.jpg

・最近のハセガワ 1:200 旅客機シリーズは、管理人のようなプラモ初心者でも作りやすく、アンテナやエンジン周りのディテールもすごく良くなっています。

特にB787以降に登場したA320シリーズやB737は、金型が改良されボディーの合わせや翼との接合が改良されて組み立てやすさが格段によくなり、初心者にも優しいモデルとなっています。

(旧タイプのB777・B767・B747シリーズは昔の金型なので、入門用としては少し難しい機種と思います。B777-300はかなり・・・)


ANA エアバス A321neoについて

モデル:【限定品】ANA エアバスA321neo 10826
スケール: 1/200
サイズ:22.2cm(全長)X17.7cm(全幅)
発売日:2018年7月1日
本体価格:¥2,200(税別)


完成後のANA A321neo JA131Aの画像


・製作時間は約9時間でした。詳細は『旅客機プラモデル A321neo 初心者向け製作編』で紹介しています。

いつものお約束的な備考ですが、
※素人が説明書どおりに作った程度のクオリティーにご理解くださいm(_ _)m
初心者なので温かい目で見ていただけると嬉しいです。


ハセガワ 1:200 ANA エアバスA321neoの画像

ANA_JA131A.jpg
ハセガワ 1:200シリーズ ANA A321neo

PW1100G_A320neo.jpg
PW1130G-JM エンジン (推力:13,740kg)

A321シャークレット.jpg
シャークレットの再現度も良い感じです

ハセガワ_A321.jpg
レジ番はA321neo 初号機 JA131A

hasegawa_ANA.jpg
A321ceoのCFM56-5Bに比べて大型化されたPW1100Gシリーズ

ハセガワプラモデル.jpg
細かなディテールも再現されています

JA131A_ANA.jpg
一瞬ではプラモデルと思えないほど


まとめ:作って楽しい・飾って満足なプラモデル A321neo


A321_JA131A.jpg

・最近のハセガワ旅客機シリーズは新製品が販売される度にディテールや組み立てやすさが改善されていて素晴らしいの一言。

今回のA321neoも2018年7月に販売された新モデルだけあって、エンジン(PW1100G)やホイールは新規金型、豊富なアンテナ類など細かなディテールも再現されていました。

デカールも相変わらず発色が綺麗で完成後はうっとりするほどキレイなモデルプレーンが誕生します。

ただ…初心者が最初の一機目に購入する場合は個人的にB787かB737がおすすめです。

一度入門向けのつくりやすいモデル(JAL機ならデカールもシンプルで簡単!)で感覚をつかみ、2機目以降にエアバスA320/A321シリーズの挑戦がいいかと思いました。

その理由を直球で言うなら『A320neo/A321neoは、ディテールにこだわりすぎて小さな部品が多い』から。詳しくは別記事の【旅客機プラモデル A321neo 初心者向け製作編】で紹介しています。



【旅客機プラモデル選びに迷ったらこの記事が参考になります】
K2u0Q7qaKJkL1NG1500961156_1500961558.jpg


初心者&入門者向け:最低限この道具だけで綺麗なプラモが作れる


PW1130G-JM.jpg

プラモデル作りは難しくて面倒?それは子供の頃の話で今は違います。

あのニオイがきついペンキ・接着できない接着剤、今は瞬間接着剤や水性塗料もありほとんど気にならないレベルになりました。

塗装もエアブラシが必要?説明書どおりの標準仕様なら特に不要です。


管理人の考えるプラモ製作は、頂点を極めるわけではなく自分が楽しくて満足できればそれで良いと思っています。

例えるなら1万円クラスの公式モデルプレーンには勝てなくても、F-toysの500円シリーズに負けなければヨシ^^

塗装は(機体ボディー用の白い缶スプレーと残りは筆塗り)ツール類もシンプルで高価な器具はありません。

実は、今回のANA A321neoの製作で一番大活躍したツールはピンセットと瞬間接着剤の2つなんです^^

このツールが何度も挫折から救ってくれました。


とりあえずこれだけあればプラモデル製作ができる道具 
・プラモデル用スプレーの”ホワイト光沢あり”
GSIクレオス Mr.カラー スプレー S1 ホワイト (白)

・小瓶に入っているプラモ用塗料”ライトグレー”・”ブラック”・”アルミシルバー”


・フデ(小中大3本入り)


・瞬間接着剤


ピンセット


ニッパー






K2u0Q7qaKJkL1NG1500961156_1500961558.jpg


期限間近のポイントを賢く使いましょう!
posted by Jet Tech at 22:03 | Comment(1) | プラモデル
この記事へのコメント
こくぴっとのデカールが下過ぎです
Posted by at 2019年12月02日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲TOP